【かごしまフォーラム】≪沖縄辺野古新基地建設反対第5派行動参加報告≫

2017年7月4日

沖縄に行き自分のこととして

九州ブロック第5波行動(6月 12〜14)で、沖縄辺野古の米軍基地建設阻止座り込み行動に参加しました。鹿児島から3名、九州各県から22名の参加でした。これまで「オール沖縄」のたたかいを見ながら、ぜひ沖縄に行きたいと思っていたので、参加できてとても嬉しく思いました。

多くのことを学ぶ
 那覇空港で九州各県の参加者と待ち合わせ、福岡県フォーラム事務局長の前海さんが運転するマイクロバスでホテルに到着。夜は近くの居酒屋で九州ブロック参加者交流会。ゲート前座り込み行動、海上カヌー隊で中心になっている沖縄の人達も参加し、実践的な話に多くのことを学びました。特に東京から毎月沖縄に来ているという女性の、船の免許を取りカヌー隊の指導をしているという話はすごいと思いました。
力ずくの排除に憤り
 2日目は,7時にホテルを出発。ゲート前で座り込み。沖縄の大城事務局長が現地の状況を説明、参加者の自己紹介、歌声などをしながら、いよいよ砕石を搬入するトラックが現れると、「絶対阻止するぞ!」という決意でスクラムを
組みました。機動隊が現れ座り込みをやめるよう通告し、力ずくで排除しはじめました。装甲車で囲んだ所に押しこめ、警備会社のガードマンに守られ、トラックは次々に入っていきました。悔しいでした。3回にわたって延べ57台のトラックが入りました。一日で57台というのは、これまで最高ということでした。座り込みが終わると、近くのテント小屋に移動し、全国の参加者の紹介、唄、ギター・三線などの演奏で楽しく過ごしました。
 3日目は朝から強い雨と風、雷も鳴りましたが、ゲート前で座り込み。九州ブロックは11時には空港に向かわなければならなかったので、午前中でひきあげました。それまでトラックは現れませんでした。沖縄で起きていることを多くの人に多くのことを見て聞いて、沖縄に来て良かったと思います。座り込みは1074日になると聞き、頭の下がる思いでした。本土から遠く離れ、メディアはほとんど報道しないため、今沖縄で何が起きているかわかりにくいですが、諦めずに闘い続けている沖縄の思いを、日本全国の闘いにしていかなければならないと思いました。

各地の報告の記事

スケジュール

読み込み中... 読み込み中...