東村高江の沖合に赤土流出

2017年6月17日

6月17日付の琉球新報によると、米軍北部訓練場内に建設を強行したヘリパッドで、H地区周辺から赤土が流出し、東村高江の沖合の海が赤茶色に濁った。沖縄防衛局によると、H地区着陸帯の資材置き場から約10立方メートルの土砂の流出を確認し、ブルーシートで土砂を多い応急措置をしたという。また建設が海への赤土大量流出の直接の原因とはまだ断定できないと述べ、詳細調査を実施する考えを示している。

ニュースの記事

スケジュール

読み込み中... 読み込み中...