ジュゴンの子沖縄で繁殖か!

2017年3月20日

3月20日。曇り時々雨。7時45分にキャンプ・シュワブ到着。50分からゲート前で座り込み、集会開始。安次富代表から挨拶。「山城議長の釈放」と「3・25辺野古新基地建設断念を求める県民集会」の成功と集会参加を呼びかけた。翁長知事にも参加要請している。第1ラウンドは8時40分UNICが6台、ダンプ2台、機動隊の座り込み排除でゲートイン。海上では抗議船4隻とカヌー15艘で抗議行動。雨が強くなりテント内の集会に切り替え。防衛省は高江で2万本以上の伐採をしておきながら、山城議長の鉄条網たった2本で器物破損、この国はどうなっているのか怒りが湧き上がる。第2ラウンドは11時45分。またも機動隊の強制排除で生コン車6台ゲートイン、ダンプカー5台がゲートアウト。今日の沖縄2紙はジュゴンの目撃情報があり、これまで沖縄沿岸で、国内の生息は3頭だけと考えられている絶滅危惧種ジュゴンの新たな個体の目撃があり、子どものジュゴンとされる。辺野古の海草藻場は 沖縄本島最大規模で、生息を支える最後の砦。目撃情報を踏まえ直ちに工事を中断してジュゴンへの影響を調査すべきだ。

沖縄だよりNO.2(PDF)

沖縄だよりの記事

スケジュール

読み込み中... 読み込み中...